お金

1:
結果は惨敗だったと先に書いておきます。

こちらのスペック
20代 女二人
・女医、代々医者
・サラリーマン、年収ランキングTOP30にはいつも入ってる会社勤め

2:
合コンに参加するってのがもうあれだったよね
ぼっちのままあと40年おやすみなさい

3:
実は我々、合コンに先月まで一度も行ったことがなかった。
理由は「合コンにいく男は許されるけど、女でいくのは・・・ちょっと・・」

もちろん合コンは女の子が参加してはじめて成立するものだとは理解している。
しかしプライドが高い()我々は誘われても頑なに断っていた。

4:
医学生ですどうか養ってください。

5:
そんな中、友人が4年付き合った彼氏と失恋。
私も相次いで失恋。

「「あれ、私たち・・・このままじゃ一生結婚できないんじゃね・・・?」」
と、ようやく行き着くwww

6:
(´・ω・`)これは続きものですか?

8:
>>6
ひとまずダラダラかくよ!
あほな女の生き様を見て気分転換にでもなれば。

7:
友人は大恋愛が終わったわけで、傷心していた。
気分転換になるだろうと思い、相◎屋とやらに私が提案して行くことにした。

これは2chで見たことがあったお店なんだけれども、
簡単に言えば男性は有料で、女性はいくら飲み食いしても無料というシステムだった。
名前の通り男女で相席になるらしい。
「ただ飯できるみたいだし、嫌な人がきたら速攻帰ろう!」といって入店。

余談だけれども、入店するまでに相当勇気が必要で何度も店の前を行ったり来たりしてた。
完全に怪しい人です・・・

10:
はよ

11:
何度も入店を迷った末、なんとか入店。
入店してわかったことだけど、女性が余ってるwww

女性はたくさんいるんだけれど、男性(お金払う側)が不足している!
ただの女子会になってるw

ということで、男の人が来ないのなんのって。
暇なので合コンセッティングサービスをしているサイトを一緒に閲覧。

私「合コンのつてがなければサイトを利用するのも手だね」
友人「この人・・たぶん同業者だ。知り合いだったら困るなあ」
なんてワイワイ女子会を展開してた。

そんな中・・・「男性の方がいらっしゃいます、よろしいですか?」とスタッフから声がかかるww

12:
やってきたのは推定44歳の男性二名。
どう見ても40は過ぎていたが、「35歳だよ」と言っていた。
私はわかるんだぞ<・> <・>

自営業の方で、お仕事の話はとっても楽しかった。
仕事に関しては業種まで隠されて、喋りたくなさそうだったのでノータッチ。
服とか身なりには一切気を使ってなかったけど、直感でお金を持ってるのは分かったwww

非常にいい人で、こちらのしてきたこと(勉強・仕事)を随分ほめてくださった。

ただ・・・ただ・・・・
下ネタがえげつなかったwwwwwwwwwwww

13:
ここからは私の勝手な推測だけど、
多分彼らのどちらかが独身でどちらかが既婚者だ。
さくっと後腐れなくヤれるような、頭の弱い女の子を求めて相席◎にきたんだろうなーという印象。
こちらは社会見学に来てるガキ2人、ヤれもできないし堅い。
同じヤれないにしても、ノリよく下ネタに乗ってくれるわけでもない。

きっと向こうからしたら、私たちはハズレだったんだろうな~と。

だからせめてと思って、愛想はたくさん振りまいた。いっぱい笑った。

14:
女のマネーセンサーってすごいんだな

Sponsored Link



15:
連絡先を聞いては来なかったが、一応こちらから教えた。
私は本当の連絡先を、友人は偽の連絡先(一文字違い)を教えてた。

お礼の文章は送ったが、そのあとはノータッチです。
これが私たちの初めての夜遊びデビューでした。(といっても22時解散wwwww)

16:
メディアか

17:
その次は、「合コンセッティングサービス」を利用することにした。
後腐れなくこちらもお金を払って、さっくり終わりたかったから。
目的は彼氏を作りたいでもない、男友達がほしいでもない、ただただ男性と話すリハビリのため。

私「どれにするー?せめて私たちより年収高い男に足切りしとく?w」
友人「同業者じゃなかったらなんでもいいや・・・あ、年上がいいかも・・・」
私「4年前じゃタメはガキだったかもしれないけど、今はみんないい大人だよ。同い年でもすごく魅力的な人多いよ!若い人でリハビリしよう!」

という会話のもと、ごくごく平均的な普通のスペックの若い男性と合コンすることに決めた。

私「年収5~600万だから気楽にいけるでしょww」
友人「私あんまり分からないからぶっちゃけた質問するけど・・・男性の年収ってどのぐらいあったらいいの?」
私「年収600は最低でもほしい、800あったらいいなって感じじゃない?」
友人「実は◎◎くんの年収いくらか聞いたら、1200万+ボーナスっていってたの・・・」
私「▲▲(会社名)はそうなんだって!私1000万はかたいっていったでしょ!」
友人「そういうのわかるのすごいね~~。私もわかるようになっていかなきゃ・・」

なんてアイタタタタな会話をしながら合コン会場へと向かう。
アイタタタな会話は人が見たらドン引きだと思うけど、してる側はちょーテンションあがりますw
無理やりテンションあげる私たちwwww

18:
共働きで600同士だったら十分勝ち組だわな。

19:
で、2回目の合コンの結論を書くと
男性陣「俺たちXXXX(会社名)勤めの同僚なんだよね~」
私「え!XXXX友達がいるよ!」
⇒早速LINEする
⇒すると、XXXX(会社名)の子会社だと発覚

友人「え・・・なにそれカッコ悪い・・・最初から子会社だっていえばいいのに・・・」
ちーーーん
終了。

>>18
会話の中でノリでそう言っていますが、実際は500万で十分だと思っています。
我々は共働きでいいと思ってますから相手の金額はどうでもいいです・・・
もちろん専業主婦がいいと言われたらキャリアを捨てるのもOKです。
実際、友人の元彼は無職でしたし、私もデート代の大半払っていました。
でもこんなこと書くとネタとしての楽しみが欠けてしまうので、どうかご容赦ください。

20:
ここからは第三回(友人特別編)www
友人「ねぇ、婚活パーティーいってみない?」
と、せっかく誘ってくれたのですが予定があわず・・・
そしてひとりで行くのが前提のようなパーティーだったので、社会見学のために行ってきなさいと背中を押した。

結果、友人爆モテwwwwwwww
てらうらやましすwwww(古い?

友人「ねぇねぇ!◎◎大学▲▲学科卒で、YYっていう業種なんだけど、これっていいかな?
気があってすごく盛り上がって、また合うことになったの!」
私「あー・・あのね・・・残念だけどしょぼいわ・・・」
友人「まじか・・・・・・・orzorzorzorz」

あんなにもてたのに痛恨の人選ミスwwww
これもひとつの経験だよねwwwww

21:
という感じで惨敗しながら、あれだこれだと試行錯誤して合コンを頑張ってます。
応援してあげてねwwwww
売れ残ったら盛大に笑ってあげてwwwwww

ということで一通りおしまい。
失敗談とか恥って実際書いてみると楽しいもんだね。

22:
>>21
なにが楽しいか理解できない

23:
文才も共感もなにもない
空虚なすれ

25:
入店してわかったことだけど、女性が余ってるwww

女性はたくさんいるんだけれど、男性(お金払う側)が不足している!
ただの女子会になってるw

ということで、男の人が来ないのなんのって。

そこまでして男にだけ金払わしたいとか馬鹿だろその店

via: http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1456224245/